FC2ブログ

氷竜の創作部屋

創作(一次・二次混同)の中でも特に小説を掲載

血を与えれば

アルガントがやって来て1ヶ月半。
ようやく制御する術を見つけ、あまり長い時間でなければ1人にしておいても問題なくなったのでゴルダは度々アルガントを留守番させて出掛けるようになった。
そして今日もまた、アルガントを留守番させておいてゴルダは出かけていたのだが…。

「ただいま」

アルガントが居てはろくにできない買い物を済ませて帰って来たゴルダ。
出かけていたのは、ほんの1時間程度。
だが家の中へ入った途端に、ゴルダは妙な血の臭いを嗅ぎ取った。

「なんだこの臭いは?少し魚臭いな」

ここでゴルダは、冷蔵庫に昨日なんとなく買ってきた魚の血合いが置いてあったのを思い出して台所へ。
するとそこにはその血合いを一心不乱に貪るアルガントの姿があった。
これを見たゴルダはやれやれとアルガントに近寄り、散らかった冷蔵庫の周りを片付けると

「どうした?闇竜特有のアレか?」

闇竜特有のアレというワードを発した。
すると、アルガントは軽く頷いて

「まだ足りない」

とゴルダにこれだけでは足りないとさらに血を要求してきた。

さて、ここで感づく者も居るだろう。
闇竜は大抵、吸血鬼同様に血を欲することが普通である。
しかし、それは個人差があり毎日飲まなければ発作を起こす者から時折気が向いた時に飲むだけで十分な者までピンキリ。
やって来てから今まで、アルガントが一切血をくれと言わなかったことから、ゴルダはアルガントが時折気が向いた時にだけ血を飲むタイプだと察する。

「悪いが、俺の生き血はダメだ。竜滅病に感染してるからな」

じーっとアルガントに見つめられ、ゴルダはきっぱりと自分の血は病で汚れているのでダメだと言う。
ダメだと言われたアルガントは、少ししょんぼりした顔をして流しで口の周りを洗ったりした。

「参ったな」

そして、何を思ったのだろうか。
ゴルダは物置へ行き、床のある部分に不自然についている取っ手に手をかけてそれを持ち上げる。
すると、そこには地下に降りるハシゴがあったのだ。
アルガントが見ていないことを確認し、ゴルダはハシゴを降りる。

「…」

無言かつ無表情でハシゴを降り切った先に広がっていたのは、ゴルダが竜医の関係で使う部屋であった。
様々なサンプルを保管しておく魔動力の内部時間停止式低温ケースや各種計測機器類。
そして、なぜか手術も解剖も行えるような台が2つ設置されている。

「確かここに…ああこれだ」

低温ケースの中を探り、ゴルダが出したのはラベルの日付が1年ちょっと前の謎の血が入ったパック。
内部時間停止式低温ケースのおかげで、どんなに古くても動力源が生きている限りは内部に保管されている物はその時のままを保つのだ。

「これで満足するだろ」

ケースの扉を閉め、ゴルダはまたハシゴを登ってアルガントのところへ戻る。
ゴルダが戻った時、アルガントはソファに深々と腰掛けてゴルダが最近買った新耳袋なる怪談物のDVDを見ていた。

「おい、あったぞ」

アルガントは後ろから声をかけられ、やや涙目になりながらゴルダの方を振り向く。
怪談物のDVDを見ていたので、後ろから声をかけられたくなかったようである。

「直飲みは嫌だ」

「あー、何か飲む時はコップなり何なりに注いで飲めと教えられたんだなお前。ちょっと待ってろ」

血の入ったパックをそのまま渡したところ、直飲みは嫌だと言われてゴルダはどこからかそこそこ大きいビーカーを取り出して

「これでいいか?」

と聞く。
アルガントは微妙な顔をしながらも頷き、そのビーカーに血を注いでもらう。
ビーカーに血を注ぎ終えると、ゴルダは残ったパックをしかるべきゴミ箱へ投げ入れると食事の支度を始めた。
時刻は午後7時過ぎ、日も大分落ちて辺りは暗い。

「うーん、草食竜の血かな?」

血を飲みながらアルガントが呟いた一言に、ゴルダはん?とアルガントの方を振り向く。
するとアルガントもそれに気づいて振り向くと

「わりと健康体の草食竜から採取した?味がしっかりしてる」

ゴルダが半分忘れていたことを言ったのだ。
ちなみにアルガントの言う通りで、この血はゴルダが去年、近くの牧場のとても健康な竜から採取した血である。
ミスってあまりにも大量に採取してしまい、処分もしきれずにあの低温ケースに放置していた。

「お前、血からそいつの健康状態なんかを察せる能力でもあるのか?」

アルガントはその問いに

「100パーセントは無理だけど、一応は」

とやんわり答える。
そして、ゴルダはこのアルガントの返事からますます自分のヘルプをさせようと思ったのであった。
スポンサーサイト



テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

小説(一次) |

創造神の悩み

今日もいつものように、城の書斎でアルカトラスは国務をこなしていたが、今日はどうにも様子がいつもと違っていた。
時々考え事をしているような顔をしたり、紙片に落書きをしていたりと普段は見受けられない行動が目立つ。

「どうかした?」

茶を持って書斎へ入って来たサフィに聞かれ、アルカトラスはうむと頷き

「ゴルダの事で少しばかりな」

孫であるゴルダの事を考えていたと話す。
サフィはそれを聞いて、何なのかを察した顔で

「神の力が覚醒し始めた事ね」

アルカトラスがゴルダの何に悩んでいるかを具体的に当てた。
それにアルカトラスはまた頷いてそうだと答える。

「あいつなら大丈夫よ、神の力を悪用するようなぼんくらじゃないわ」

ゴルダは神の力を悪用するような奴ではないとサフィに言われ、アルカトラスは少し思慮に耽るとこんな事を言う。

「それは問題ないにして、ゴルダは神の力が覚醒することをあまり好ましくないと思っている筋がある。その思いがある以上、神の力を昔のように制限、あるいは完全除去しろと言われた場合のことを考えるとな」

なぜアルカトラスがこのようなことを言うのかと言うと、理由は3つある。
1つ目は、神の力の除去は定義を書き換えなければ不可能であるということ。
2つ目は、仮にそうなればこの世界に住まう者全てから神の力が消えるということ。
3つ目は、対象をゴルダだけに絞ってシアにそれをやらせた場合、ゴルダはこの世界にとってイレギュラーな存在となるということ。
それが何を意味するか、それは本当の意でゴルダをこの世界から抹消しなければならなくなる可能性が極めて高いということだ。

「シアとゴルダを交えて、また話したら?」

サフィの一言で、アルカトラスは何かを閃いた顔をして

「いい考えが思いついた、感謝するサフィ」

サフィに礼を言うと、アルカトラスはそそくさと残っていた国務を片付けるや、シアの所へ。
アルカトラスが来た時、シアは途轍もない規模のクロスワードをやっているところだった。

「あなたからここに来るなんて、珍しいわね」

アルカトラスが来たのに気付き、シアはクロスワードを一旦片付けてまばたきしながらアルカトラスを見る。
そして、何の話をしに来たのかが既に分かっていたように

「ゴルダの事でしょ?よっぽど神の力が覚醒し始めたことが気にかかってるのね」

ゴルダの事ねと言い放った。
アルカトラスはそうだと言うと

「何故神の力が覚醒し始めたことを気にかけているのか、という一点に尽きる」

ゴルダがなぜ神の力が覚醒し始めたことを気にかけるのかが気になるとシアに話す。
シアはそれに対しては

「ゴルダとて、完全に神の力が覚醒したら私たちと同じ存在になることは分かってるわよね?つまり、神と同等の存在になることで、『自分が負うことになる責任』に耐えきれないんじゃないかって心配しているのよ」

神の力が完全覚醒した時、ゴルダは自分がそれにともなって負わなければならない責任に耐えられないのではと心配していると答える。

「そうか、神の力という強大なる力を得たことにより生じる『責任』に耐えられるかどうか、か…」

アルカトラスは、主神アルシェリアの手で創造されてから今まで一度たりともその責任についてそこまで深くは考えたことはなく、今日までを過ごして来た。
一方のシアは、その力と責任についてをこの世界を創造して以来。ずっと考えて来た。
自分の力があるからこそ、この世界に生命は存続できる。
その生命を生かすも殺すも、自分の思いのままであるがそれは責任を持ってしなければならない。
生命のサイクルを見守り、その最後を見とるのも生命の創造神たる自分の役目であり責任。
そしてアルカトラスは、改めて自分の力と責任について考える必要があることをシアから自家させられた。

「…分かった、数日時間をくれないか?その後ゴルダを交えて話をしよう」

アルカトラスはシアにそう言って、城の方へ戻った。

力を持つ者には、その力を行使する際に責任を生じる。
しかし、責任を生じるのは何も力を持つ者だけではない。
生あるものが誰しも、その行為の1つ1つに責任があるのだ。
そして誰しも、責任を負うという重り引きを避けて通る事は不可能なのである。
小説(一次) |

霧を待てば

その日、シスイの住んでいる山は異常気象かという位に晴れ渡り、湿度も例年より低かった。
朝起きた時からそのような天気だったため、最近は専ら闇属性を使うことが無くなり、水属性の方へ比率が大きく傾いているシスイにはとてもつらい状態。
ある程度水の属性を極めたものは、一定の湿度がある環境下に居なければ体調を崩すなどの症状を引き起こす。
しかし、これは水属性に限った話ではない。
他の属性においても、ある程度極めた場合において、必ずではないにしろ似たような症状が起きると魔法医学のとある論文に書かれている。
例えば、草の属性をある程度極めた場合。ある確率で常に植物に囲まれかつ光合成が行なえる環境下に居ないと致命的な呼吸障害を引き起こすなどのケースもある。

「うぅ、頭痛い」

起きた瞬間から生じている鈍い頭痛で思うように動けないシスイは、とりあえずはと水桶の中に頭を突っ込む。
すると、若干ながら頭痛は改善された。
しかし、完全には頭痛が治まったわけではないので下手に動くことはできない。

「いつもはこんなに日の光が射さないのに、どうなってるのかしら…」

さらにシスイは、いつも我流調合の薬を置いている棚から魔力を増幅させる薬と頭痛の薬を取る。
これらの薬は、エルフィサリドがなんだかんだで素材と一緒に調合法まで教えてくれたもの。
朝飯も食べずに水と一緒に薬を流し込み、シスイは家の中の湿度を魔法でカビやらキノコやらコケやらが生えて来るような湿度まで上げた。
日の光のせいもあってか、たちまち室内は蒸し暑くなったがシスイはお構いなし。

「ああ、やっと落ち着いた」

などと、全快した様子で呟きながらシスイは朝飯の用意をする。

「いただきます」

今日の朝食は、干し肉とニンジンなどの根菜に水だけ。
こんな食事で本当に大丈夫なのかと思われがちだが、シスイは空気中の湿気を水の魔力に変換し、それをまた無の魔力に変換する術をエルフィサリドから伝授してもらっている。
これはつまりどういうことなのかと言うと、足りない栄養をこの変換した無の魔力で補っているのだ。
この他にも、シスイは魔力とは別の概念の気を使って断食をすることも可能だが、こちらは気が集められないので使っていない。
これらは、自然から集める以外にもまた別の方法で集められるが、ここでは伏せておく。

「天気が変わるまで外には出られないわ、これ」

窓に遮光魔法を使い、家の中へ射し込む日の光を抑えた上で窓の外を眺めながらシスイは呟く。
完全な引きこもりに思えるが、家の外はいつもより湿度が極端に低いので仕方のないことなのである。
数分窓の外を眺めていたシスイは、寝床でごろごろするわけでもなくその場で正拳突きをしたり、回し蹴りをしたりと謎の動きを取る。
しかし

「イヤー…あだっー!」

空中で大回転蹴りをしたところ、バランスを崩して落下。
その際、足の小指が思わぬところにぶつかり、シスイは絶叫。
5分ほどそのまま床でのたうち回っていた。

「うぐぐ」

やがてシスイは起き上がり、寝床の近くにあった半分苔むした魔法書を手に取る。
一応これもエルフィサリドからプレゼントされたものなのだが、ご覧のような有様。
プレゼントされた当初はさほど苔むしてはいなかったのだが、放置している間にこうなったようだ。

「うんうん、まだ読める」

どういう定義で読めると判断しているのかが不明だが、とにかくシスイはその魔法書を読み始めた。
しかしそれも30分くらいで読み終え、次はどうしようかと考えていると家の外に霧が戻ってきているのを確認。

「やっとだわ」

シスイはそのまま家から出て、霧と高湿度にまみれた外で背伸びした。

「やっぱりこうじゃないとね」

そのシスイの姿は、どこか嬉しそうであった。

テーマ:自作小説 - ジャンル:小説・文学

小説(一次) |
| HOME |